スキンケア

乾燥を防ぐ冬の救世主!とろみ系化粧水がべたつかない正しい使い方と注意点

投稿日:

冬場は外気も室内も乾燥していますから、スキンケアにも保湿力の高い化粧品を選びたいですね。
保湿成分がたっぷり入ったとろみのある化粧水は、乾燥からしっかり肌を守ってくれる頼もしい味方です。
しかし、正しい使い方をしないと肌がかさついたりべたついて浸透が悪くなってしまいます。

正しく使ってこそ効果のあるとろみ系化粧水

サラサラした水のようなタイプではなく、とろみのある化粧水は保湿成分がたっぷり入っています。
バシャバシャとサラサラタイプと同じように付けようとすると肌が傷ついたり、いつまでも浸透せずにべたつきとして残ってしまうんです。
とろみがあるとコットンでは均一になじませにくいですから、手で付けるのが基本です。

丁寧にハンドプレスで入れ込むル

・2、3回に分けて少量ずつ付ける
化粧水の種類によって使う目安量は違っています。
一気に化粧水を肌全体に広げようとするとムラになって、たくさん付いてしまった部分はべたついてしまいます。
2、3回に分けて少量ずつ付けることで、満遍なく均一になじませやすくなります。

・手のひらで温めてから肌に乗せる
冬場は化粧水も外気で冷くなっていますから、いったん手のひらに取り出して十分に温めてから肌に乗せてあげましょう。
体温に近いほど化粧水の浸透がよくなりますから、保湿力も上がってくれますね。

・乾燥しやすい部位には重ね付け
目元や口元、Uゾーンなど、かさつきが気になる部分には重ね付けしてあげましょう。
凸凹があって細かい部分にもしっかり付けてあげて、細部まで手を抜かないのが大事ですね。

・仕上げに両手で肌を覆う
化粧水を付け終わったそのまま終わりではなく、最後の仕上げをしてあげましょう。
両手で顔を包み込んで肌を温めてあげることで、べたつきなくしっかり化粧水が肌の奥まで浸透してくれます。
手が吸い付くようなしっとり肌になれて、乾燥が気にならなくなりますね。

乳液や保湿クリームを省かない

とろみのある化粧水は単体でも保湿力がありますし、肌がもっちりして保湿できている気になってしまいます。
しかし、所詮は水分メインの化粧水ですから、きちんと乳液やクリームで保湿してあげないといけません。
水分は時間が経つと徐々に蒸発してしまって、せっかくのもっちりとした潤いが失われてしまいます。
化粧水が十分に肌になじんだら、乳液や保湿クリームを塗ってあげて、油分や美容成分をプラスしましょう。
冬場は水分だけでなく油分も不足しがちですから、肌のバランスを整えて元気な肌をキープしやすくなります。
油分がかさつきやすい肌表面を覆ってくれますから、乾燥や肌トラブルの起こりにくい肌でいられますね。

洗顔後はすぐにスキンケアに入る

洗顔は洗浄成分で肌のバリア機能の元となる物質が洗い流されています。
水分をガードする力が弱くなってしますから、時間が経てば経つほど肌から水分が蒸発しやすいんです。
15分ほど経つと元々肌にあった水分まで奪われてしまって、カサカサの乾燥肌になってしまいます。
肌が一番乾燥しやすいタイミングですから、洗顔したらなるべく早くスキンケアを始めましょう。
特に冬場は乾燥が進みやすいですから、洗顔からスキンケアの時間を空けないのが理想的です。
とろみのある化粧水はセラミドなど、バリア機能をサポートする成分がたっぷり入っています。
しっかりと正しく付けてあげれば、バリア機能をサポートしながら回復力をアップしてくれます。

とろみ系化粧水は浸透がやや遅め

保湿成分などが豊富に含まれているとろみ系化粧水は、サラサラの水のようなタイプと比べると浸透はやや遅めです。
じっくりと肌になじませることと、浸透するまでしっかり待つことがスキンケアのコツです。
早まって浸透し切っていないのに美容液やクリームを使ってしまうと、肌の上で成分が混じる場合もあります。
べたつきが余計にひどくなったり肌トラブルを起こす原因にもなります。
べたつきのせいでメイクの乗りも悪くなりますし、化粧崩れやファンデのヨレが起きやすくなります。
しっかりと浸透したのを確認してから、スキンケアの次のステップに移るようにしましょう。
朝のメイク前に使う場合には、十分に時間に余裕を持って、焦らずにスキンケアするのが大事ですね。

浸透が悪い時はブースター化粧品を使用

肌が固くなってゴワゴワしていると、とろみ系化粧水も浸透しにくくなります。
特に冬場は肌が乾燥して角質がはがれにくくなり、ゴワゴワと肌が固くなってしまいます。
そんな悩みを改善してくれるアイテムがブースター化粧品です。
肌を滑らかに柔らかくしてくれて、基礎化粧品の浸透力がアップします。
普段は浸透が遅いとろみ系化粧水も、短時間で肌になじんでもっちり潤いとハリのある肌を作ってくれます。
手持ちの化粧品を変えずに保湿効果を高めてくれる優れものですから、ゴワゴワやカサカサ肌に悩んでいるなら取り入れてみましょう。

-スキンケア

Copyright© 美容研究でカワイイ作り!女子力アップ向上サイト-カワモテ倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.