スキンケア

唇のかさつきで、老けて見える!?潤い唇を目指して若さを取り戻そう!

投稿日:

みなさん、これから乾燥が気になる季節スキンケアに励んでいますか?
肌(ボディ・フェイス)や髪の毛などはクリームを塗ったりとケアされていることが多いと思いますが、『唇』はどうでしょうか。
意外と目を落としがちな部分ではないですか?他は完璧なのに『唇』はカサカサや皮が剥けてたり…
今年の冬はプルプル潤い『唇』を目指しましょう。

唇が荒れる原因は?

唇が荒れる原因も様々あります。
主な4つの原因を見ていきましょう。

乾燥

空気の乾燥

唇は空気の乾燥によって影響を受けやすいです。
特に冬は湿度が低く、外気も乾燥しています。また暖房器具の使用で室内も乾燥しがちのため、唇が荒れやすくなります。

唇を舐める仕草

唇を舐めるといった仕草も、実は唇の乾燥になります。
この仕草のせいでせっかく唇を保護するために塗ったリップも落ちてしまうので、乾燥しやすい状態を招いてしまいます。

水分不足

唇の乾燥は体内の水分不足にも関係してきます。
水分不足は皮膚の乾燥を引き起こしますが、唇も同様です。
冬は、夏に比べて水分補給をする回数が減りがちのため、体内の水分が不足しやすく、唇が乾燥しやすくなってしまいます。

汚れや摩擦による負担

唇の汚れや摩擦によって唇に負担がかかり、荒れやすくなってしまう場合もあります。
唇が真っ赤に腫れるような刺激の強い食べ物や、落としきれなかったリップメイクが唇に付着した状態が続くことで皮膚の負担になり、唇の荒れにつながることが考えられます。
また食事後にティッシュで唇をゴシゴシこすったり、メイクを落とすときに強くこすって落としたりすることで生じる摩擦が、唇が荒れる原因にもなります。

体調の乱れ

唇は、体調によって荒れやすくなることもあります。
粘膜と皮膚の境界にあたる皮脂腺のない唇は乾燥しやすく、デリケートに傾きやすい部分です。

食生活の乱れ

唇は、食事の影響も受けやすいといわれていて、食生活の乱れが唇の荒れにつながることもあります。
栄養の偏りがないようにバランスのいい食事を心がけましょう。

荒れた唇のケア方法

荒れた唇のケアに大切なのは、保湿です!
簡単に出来ることなので、さっそく行ってみましょう。

リップクリームは縦方向に塗る

リップクリームは、縦方向に塗りましょう。唇は、乾燥やハリ不足になると縦方向にしわがよりやすくなります。そのため、横方向にリップクリームを塗ると、しわが邪魔をしてまんべんなくリップクリームを塗ることが難しくなってしまいます。

ラップパックを行う

ラップパックをして唇にうるおいを与えることで、乾燥によるかさつきと荒れを防ぐことができます。

  • 蒸しタオルを唇にやさしくあてて、1分間ほど温める
  • 温まった唇の中央から口角にかけ、ワセリンをたっぷり塗る。
    ※塗る時に指が唇に触れないくらい厚めにすることを目安としてください。
  • 唇全体を覆える大きさにラップを切り、唇に貼る
  • そのまま約3分間パックする

唇に残った油分が気になるという方はやわらかいティッシュ等でやさしく押さえてふき取りましょう。
潤いが足りない方は5~10分へ時間を伸ばしても大丈夫です。

荒れない唇のために気をつけること

唇を荒れさせない為に、下記の事を気を付けて生活してみましょう。

なにげない習慣やクセを見直す

  • 唇をなめたり、こすったりしない
  • 口呼吸は乾燥の原因になるため、鼻呼吸をこころがける
  • 歯磨き粉や洗顔料、クレンジング剤を唇につけないようにする
  • 食後に口を拭う時は、柔らかなナプキンかハンカチを使う

アイテムやリップメイクを見直す

口紅やリップクリームを塗った後に「皮が浮いてむけてしまう」「ヒリヒリする」などの症状が出る方は、使っているアイテムが合っていない可能性があります。その場合はもう一度アイテムの見直しをしましょう。

唇に負担をかけないリップメイクの方法

ファンデーションを薄付けする

UV対策として、お肌に負担を掛けないパウダーファンデを下地として薄く塗る

リップクリームやワセリンを薄く塗る

乾燥対策として、唇の縦じわにそってリップクリームやワセリンを薄く塗る

口紅を引く

この時にリップブラシを使って塗ると、色むらやはみだしがなくきれいに塗ることができます。

食生活を見直す

健康的な食事を取っていますか?外食やコンビニ食が多い方は、ビタミン不足で唇が荒れてしまっている可能性があります。栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。
唇は粘膜なので、粘膜の健康の維持に必要な栄養素である、以下の食べ物を積極的に摂っていきましょう。
ビタミンB2、ビタミンB6
(レバー・納豆・卵など)
ビタミンC
(赤・黄ピーマン、アセロラ、レモンなど)
また、これらビタミン類は唇の健康だけではなく、髪やお肌を健やかに保ってくれる効果もあるので美容のためにもおすすめです。

-スキンケア

Copyright© 美容研究でカワイイ作り!女子力アップ向上サイト-カワモテ倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.