ファッション

無地の洋服はアレンジフリー、仕事着からおしゃれ着にフォーマルまでこれ1枚!

更新日:

あらゆる女性に共通の悩みが、毎日着る洋服です。
特にお勤めの人の場合、同じ服を毎日というわけにも行かず、気がついたらクローゼットが一杯ということにもなりかねません。
でも仕事着におしゃれ着に、どうしても洋服の数は増えていってしまいますね。

柄物と無地の洋服どちらが多い?

さてクローゼットの中を見て、洋服の生地を確認してみて下さい。
無地と柄物、どちらが多いでしょうか。
若い人ほど柄物が多いのは、実は当たり前のことです。
柄物ならそのまま着て、アクセサリーや小物がなくても充分に映えてくれます。
なのでつい、柄物の洋服が増えていてしまうことになるのです。
しかしこの柄物、実はおしゃれという点からもフォーマルという点からも、いささか使いづらい洋服であることも、事実なのです。

柄物と無地の大きな違いは

では最も大きな、柄物と無地の洋服の違いは何でしょう。
これ実は、フォーマルで着られるかどうかの違いもあるのですね。
もともとは欧米から入ってきたのが、洋服です。
なので欧米のロイヤルファミリーのフォーマルな装いを見てみると、そういった席には無地というのが当然だということがわかります。
公務の時の皇族の装いは、無地のスーツに代表されます。
またドレスにしても、勿論無地のものです。
そこまでは行かなくても、普通の人が着るものでもやはり、無地のもののほうが格上ということになりますね。
ちなみに、和服の場合も無地紋付きは非常に格の高い装いです。
そういった面からも、柄物よりもある意味使い回しのいいのが無地の洋服ということになります。

無地の洋服でファッションセンスを磨こう

ある意味無地の洋服は、勝負服です。
ここで実は着ている人の、ファッションセンスがわかってしまうからですね。
夜でも昼でも着られる、くだけた席でもフォーマルでも着られる無地の洋服です。
どう着こなすか、アクセサリーはどうするかでセンスが問われることになります。

アクセサリーで演出フォーマルとカジュアル

無地の洋服の場合、使用するアクセサリーや小物で演出ができるのが強みです。
しかし場と空気が読めないと、失敗してしまうこともあります。
なのでしっかりとその辺りを学んでおきたいものですね。
ネックレスやイヤリング、スカーフなどを使用すれば、あらゆる状況で着ることが出来る無地の洋服です。
基礎をしっかりと知って、場にあったおしゃれを楽しみましょう。

フォーマルな席での無地の洋服の装い

フォーマルと言っても、まあ普通の人の場合冠婚葬祭の場、ということになります。
なので勿論、皇族王族のフォーマルさとは違いがありますが、そこはやはり気をつけておきたい約束事もあります。
できればアクセサリーは、本物を使いたいものです。
つまり、宝石関係も金属も、まがい物ではない本物を使用したいと言うことです。
なので普段から、多くの安いアクセサリーを多く購入するのではなく、その分貯金して本物で気に入ったデザインのものを、手に入れておきたいものです。
またこういう席での場合、アクセサリーも小物も、大ぶりのものはつけないというのがお約束です。
しかしそれでは若い人の場合、あまりに地味になってしまいますね。
なので本物を身に付けてまず自分に自信をつけ、デザインのセンスで勝負をかけるのがおすすめです。
本物の価値が、ここで決まります。

普段のおしゃれ着としての無地の洋服

仕事に着ていっても、おしゃれ着として使用しても、どちらにも適応できるのが、無地の洋服のありがたいところです。
特に仕事をしている人の場合、仕事の後にデートなどということが多々ありますね。
また仕事の後に飲み会ということも、勿論あるでしょう。
会社の飲み会などは、そのままでいいやと思うかもしれませんが、やはりメリハリはつけたいものです。
無地の洋服を着ていれば、スカーフなどの小物を襟元やウエストベルトに使用するだけで、ぐっと雰囲気が変わります。
またアクセサリーも、大きめのものに変えるとオシャレ度はアップします。
デートの時も同じですね。
アクセサリー、イヤリングやネックレスを変えることで気分も変わります。
仕事からプライベートへの大きな方向転換も、こうしたアレンジの出来る無地の洋服ならではです。
柄物だとどうしても、その柄に縛られますので、こういったおしゃれは難しいのです。

無地のスーツ1枚と無地のワンピース1枚

クローゼットの中に、最低1枚ずつ欲しい無地の洋服です。
フォーマルな席に着ていくだけでなく、シンプルなデザインならいくらでもアレンジが効くので、普段の仕事着にも使用ができます。
スーツの場合は仕事でも、取引先との会合などに来ていっても、遜色がありません。
ワンピースなら華やかな席でも、充分に通用します。
ボーナス時にでもちょっと頑張って、無地のワンピースにスーツの良い品を1枚ずつ購入してみませんか。
着る人のセンス自体でいくらでも着こなせるのが、無地の洋服です。
そして着れば着るだけ、センスも磨かれていくので一挙両得、というわけですね。

-ファッション

Copyright© 美容研究でカワイイ作り!女子力アップ向上サイト-カワモテ倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.