スキンケア

宣伝に迷わされずに自分だけの化粧品を、自分だけのスキンケアとメイクをシンプルに!

更新日:

メイクの上手下手というのは、女同士のお喋りでよく話題になります。
どういう方法で、どんな順番で、どの化粧品会社の品物を使ったら、と情報交換は女性の常ですね。
でもこのメイク、本当に個人差が大きなものだと言うこと、まず心に留めておいて下さい。

テレビのCMなどでメイクのコツをやってるけど

化粧品のCMや販促で、メイクの仕方などのCMやをよく見かけます。
下地はこうしたほうがいいとか、ファンデーションはリキッドがいやパウダーがいいとか、見ていると何がいいのかわからなくなってきますね。
こういったCMに流されやすいタイプの人だと、ついつい購入してしまうこともあります。
まあCMを流している方も、買ってもらうのが目当てですので、綺麗なモデルさんに解説してもらって、こんなに綺麗になると宣伝しているわけです。
それを見ていればついフラフラと、というのも仕方ないことです。
そんなことの繰り返しの結果、使っていない化粧品が洗面所にいっぱい、ということにもなりかねません。
これは正直、避けたいところですね。
情報は大切ですが、それに惑わされない自分だけのメイク、探していきませんか。

誰かにお役立ちでも自分にはいまいち

洋服でも便利グッズでも小物でもそうですが、誰かにとって役立つものでも、自分に役立つかはわからないものです。
特に化粧品の場合、顔の肌に直接塗るものですから、まずはそこの相性が良いかを確認するのが、第一になります。
敏感肌の人の場合は特に、しっかりとテスターを使用してから、購入を決めて下さい。
友人も敏感肌でだからその人の使っている化粧品なら大丈夫だろうと思うかもしれません。
しかし何に対して敏感なのかは、これも人によって違います。
まず、自分になっているかどうかをしっかりと、確認しましょう。
綺麗になろうと思って、肌荒れを起こしてしまっては元も子もありません。

化粧品の数は少なめがおすすめ

シンプルケアという言葉があります。
実際、幾つものスキンケア用品を使用していると、結局面倒になって止めてしまうこともあるのです。
また朝の化粧にしても、化粧前の肌ケアに化粧下地、その化粧下地もハイライトにシャドウに、などとやっていたら忙しい人はギブアップしてしまいます。
できるだけ数を少なく、シンプルにしていくことが大事です。
そうでなくても女性の30代から40代は特に、仕事に過程に家庭にと大忙しの時期です。
肌ケアもおしゃれも大事だけど、でもそれ以上に時間が大事、というのがこの年代です。
少しでもシンプルなケアの出来るスキンケアに、化粧方法を編み出していきたいものですね。

スキンケアの最もシンプルなのは

スキンケア用品で最もシンプルに使用ができるのが、オールインワンと呼ばれる製品です。
スキンケアに必要な全てが、これだけで済むのですから面倒がありません。
忙しい人にはこれは最高のスキンケア用品です。
ただ問題としては、多くの成分が入っているので、使用する人の肌に全部が合うとは言えないということです。
非常に良い製品でも、中に入っている何かの成分1つが、使用する人の肌に合わないということもあるのです。
そういった意味では、自分に合う製品を見つけるのに苦労する、ということもあります。
ただ一旦見つけてしまえば、後は楽々肌のお手入れが出来るので、普通のスキンケアよりも忙しい人にはおすすめであるのも事実です。
ネット販売などではお試し品もでていますので、それを利用して自分に合った品を見つけてみてはいかがでしょうか。

シンプルに化粧をするなら

さてシンプルにと言っても、この化粧については手間か結構掛かるのは、仕方のないことです。
しかし朝の忙しい時間帯、できるだけ短時間で済ませたいのも、これまた仕方ないことですね。

忙しかったら手抜きをしよう

こう言ってはなんですが、時間がなかったら化粧は手抜きをしてしまいましょう。
化粧にかける時間があったら、一口でも朝食を食べるほうが健康のためにはいいのです。
健康であれば勿論、肌の調子もいいのですから化粧にもスキンケアにも手間がかからなくなります。

化粧に5段階かかるなら3段階に

例えば、化粧下地にファンデーション、マスカラにアイシャドウとアイブロー、チークを塗って最後に口紅という5段階があったとします。
忙しく時間のない時には、段階を減らしてしまいましょう。
化粧下地はそれほど問題ありません。
なのでカットします。
チークも、よほど顔色が悪くない限り、普段の昼間の化粧には無くても差し支えありません。
この2つをカットする代償に、口紅の色を少し明るくすると、顔全体が明るくなるのでおすすめです。

意外とばれないのが実は

すっぴんでは流石に外に出られない、という人も多いはずですが、実はこのすっぴんのうちのファンデーションに関しては、結構ばれずに済むのです。
印象というのは不思議なもので、口紅の明るい色とはっきりした目元があれば、意外と肌自体には目が行かないのですね。
ちょっとそこまで買い物とか、特に営業とかのない仕事の場合は特にです。
大急ぎでファンデーションを塗ってむらになるよりも、塗らずにおいうたほうがマシということも無いではありません。

-スキンケア

Copyright© 美容研究でカワイイ作り!女子力アップ向上サイト-カワモテ倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.